レディー

美しい自分を作るならタカミクリニックにお任せ

多様な痩身マシンを導入

ドクター

超音波や高周波を使用

心斎橋の美容外科ではバラエティに富んだ美容機器を用いて痩身治療を行っています。こうした痩身治療は手術しなくてもできるため、心斎橋の美容外科でもとりわけ人気の高い施術法です。最近は美容機器の種類があまりに多様なため、受ける側としてもどの機器が一番効果的なのかよくわからないということも多いようです。もちろん心斎橋の美容外科ではドクターが丁寧に説明してくれますが、概要を押さえておけばカウンセリングの際に的確な質問をすることができます。痩身治療に使う美容機器にはウルトラアクセントやテノール、ゼルティック、ライポソニックス、エクセルなどがあります。これらは脂肪細胞に働きかける原理に違いがあります。ウルトラアクセントとライポソニックスは超音波を使い、テノールは高周波を使うといった具合です。

適用できる脂肪部位

ゼルティックという痩身マシンは他の機器と異なり、脂肪細胞を凍結することで痩身効果をもたらします。心斎橋の美容外科でも最新のマシンのひとつであるエクセルの場合は、ダイオードレーザーを使用します。ライポソニックス・ゼルティック・エクセルでは施術したところにしばらく赤みが出ることがあります。この3種はアメリカのFDAという機関からお腹の脂肪を減らす効果についての認定を受けています。ウルトラアクセントとテノールはその点についてFDAから認定されているわけではありませんが、その代わり体のどの部分の脂肪についても施術することができます。エクセルもどこの脂肪にも使用できますが、ライポソニックスとゼルティックは適用できる脂肪が一部限定されています。このように痩身マシンにはそれぞれ効果的な使い方に違いがあります。